水星人の性格、恋愛

六星占術の星の一つ水星人。

この記事では、水星人プラス、マイナスに共通する水星人自体の性格や恋愛観についてみていきます。

あなたがどのような性格なのか、恋愛体質なのかを把握してより良い生活を過ごしましょう。

水星人の性格 

意志が強く独立心旺盛な初代運の持ち主

水星人は、恋人であろうと、両親であろうと、あるいは親友であろうと、だれに対しても「自分は自分、他人は他人」という考え方をつらぬき、周囲が何といおうと、簡単に自分の意見を曲げたりはしません。

これは、水星人が持って生まれた宿命と、おおいに関係があります。

水星人には、幼いときに親と死別したとか、あるいは両親が離婚した、さらには非嫡出子として生まれてきた、天涯孤独に育ってきたなど、宿命的に家庭運に恵まれていない人が少なくありません。

こうした境遇で育つ宿命にあるため、辛いことや不利なことが多い半面、ひじょうに旺盛な独立心も養われています。

そして、ひとたび「こうだ」と決めたら、全力で取り組む強靭な精神力も併せ持っています。

周囲の人たちからは、自分勝手で独善的な人間だと思われるかもしれませんが、裏返していえば意志が強く、どんなときでも自分を見失うことなく行動するということで、それは水星人にとって、人生を生き抜くために必要な手段なのです。

そのせいか、新しく商売をはじめたり、事業を興したりすることが、大変得意です。

水星人が、その人の代から新たに家系がスタートする初代運の星とも呼ばれるのは、じつはこうした背景に裏づけられているからなのです。

こうした生き方に対する姿勢は、恋愛においてもあてはまります。

水星人は、クールなイメージに加え、華やかでソフトなムードも兼ね備えているので、異性にしてみれば気になる存在となるのです。

まったく意識していない相手から、積極的に アプローチされた経験のある人も少なくないはずです。

ところが、水星人は、相手がいくら愛情を訴えてきても、心を激しく揺さぶられることはありません。

恋人どうしでも、愛情より損得勘定を優先しがちです。

つまり、恋をしても、燃えあがる情熱の炎に我が身を焦がし、すべてを恋のために捧げるなどといったことはけっしてなく、常に一歩引いた立場に立って、相手の行動を冷静に観察し、自分にとって有利な展開になるように行動するのです。

そのため、相手はあなたに”温かみのない冷たい人”という印象を持ち、しだいに離れていくようになるかもしれません。

恋愛をゲームとして楽しむのならそれでもいいのですが、温かい家庭を持ちたいと願ったときには、この水星人のクールな恋愛観が大きな障害となるでしょう。

水星人の恋愛

恋愛ゲームが得意

水星人は、別名”淫魁の星”と呼ばれるています。

男性はスタミナ抜群で、一度ではけっして終わりませんし、女性もひとたびベッドに入ったら、満足し尽くすまで相手を求め続けます。

男性も女性も、受け身になるのを嫌い、前戯はもちろんのこと、肉体関係に関しては何から何まで自分が主導権を握らないと満足しません。

相手を歓ばせることが 自分の歓びでもあるといった感じで、天性ともいえるテクニックを駆使し、さまざまな愛撫や体位を試みます。

ですから、水星人と一度でもベッドをともにすると、どんな星人でも離れがたくなってしまうでしょう。

しかし、終わってしまえば何事もなかったかのようなクールな態度をとるのが水星人です。

相手が水星人の場合、一度や二度、抱いたり、逆に抱かれたりしたからといって恋人気どりでいると、期待を大きく裏切られる結果となってしまいます。

水星人にとって、単なる遊びのひとつにすぎません。

これは、男性にかぎらず女性も同様で、肉体関係を持ったからといって相手を拘束するようなことはしません。

言葉は悪いかもしれませんが、男性なら”乗り上手の別れ上手”というのが、水星人の大きな特徴といえるでしょう。

こうした行動の背景には、水星人がもともと家庭的な愛情に恵まれていない点があげられます。

愛情の薄い境遇で育っているため、夫婦とか家庭といったものに対する不信感が根強くあり、遊びでの恋愛やセックスの経験は豊富でも、なかなか結婚に対する夢が描けないのです。

水星人は、少しでも相手に好意を持つと、その人の身体がどうしてもほしくなります。

男性だろうが女性だろうが、水星人のそうした思いはけっして不自然なものではなく、相手も、そのことであなたのことを不愉快に思ったりしないはずです。

ですから、水星人に誘われると、あまり抵抗なく受け入れてしまう人が多いようです。

割り切って行動するほうが、いい結果につながるといえるでしょう。

相手が水星人の場合は、結婚とは切り離し、遊び友だちか愛情抜きと考えることです。 はじめからプレイボーイ、プレイガールとつき合っていると自覚していれば、後悔することもないでしょう。

関連記事

水星人共通

・水星人の性格、恋愛についてはこちら

・水星人の結婚、適職についてはこちら

<水星人プラス>

・水星人プラス2020年の日運と大殺界早見表について

・水星人プラス2020年の運勢、金運、健康運について

・水星人プラス2020年の恋愛、結婚、人間関係について

・水星人プラス2020年の仕事、転職、旅行について

<水星人マイナス>

・水星人マイナス2020年の日運と大殺界早見表について

・水星人マイナス2020年の運勢、金運、健康運について

・水星人マイナス2020年の恋愛、結婚、人間関係について

・水星人マイナス2020年の仕事、転職、旅行について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です