水星人の結婚や適職

 六星占術の人つ水星人。

このページでは、水星人プラス、水星人マイナス共通の結婚観や仕事を選ぶ際の適職についてご紹介します。

あなたの人生の指標の一つとして役立ててくださいね。

水星人の結婚観

家族愛よりも束縛されない自由な生活を求める

水星人にとって、唯一の弱点ともいえるのが、家庭運に恵まれていないことです。

宿命的に愛情の薄い境遇で育った人が多く、結婚に対して明るい希望を持てなかったり、家庭内の問題を抱えている人が少なくありません。

だからといって、結婚や家庭への夢を完全にあきらめているわけではありません。

心のどこかでは温かい家庭を望んでいます。

ただ、その望みがなかなか、かなえられないことや、うまくやっていく自信がないことなどから、どうしても利那的な人間関係におちいりやすく、それでもいいと自分自身を納得させているのです。

結婚を望む女性には酷なことかもしれませんが、この家庭運に恵まれないという宿命には逆らわないほうが賢明です。

水星人のあなたにとって家庭を求めることは、逆に自分のよさを殺してしまうことになるからです。

悪くすると、水星人の持つ財運までもつぶしかねません。

水星人の女性は、家庭に入っても家事や育児にいそしもうなどとは考えない傾向があります。

それよりも、独身時代に味わった遊びの楽しさが懐かしくてたまらなくなります。

新婚時代は我慢できたとしても、しだいに欲求不満が募り、外へ出て遊びたいと思うようになります。

そして、いったん外に出れば、行きつくところは浮気、不倫となってしまうでしょう。

男性も、仕事が終わったらまっすぐ家に帰るという気持ちなど、もともと持ち合わせていませんから、新婚であっても平気で外泊したり、浮気を繰り返します。

そんな生活に、妻が満足するはずがありません。

それでも、どうしても結婚したいというのであれば、お見合い結婚は避けてください。

お見合いでは、相手の社会的地位や収入を判断の基準にして、深く理解しないまま妥協したり、形式だけをとりつくろうような結婚になりやすく、おたがいにとって悲しい結末となりかねないからです。

子どももなかなか授かりませんが、水星人はそのことに、とくに不満を抱いたりはしません。

逆に子どもができると、あなたの運気はその子どもに奪われる恐れがありますので、つくってもひとりというほうがいいかもしれません。

結婚しても、相互不干渉で自由に生きていくという具合に、常識的には極めて不自然な夫婦生活を送ろうとするのが水星人です。

夫に転勤の辞令が下っても、赴任先へついて行こうとしない妻の多くは、水星人といってもいいでしょう。

水星人の適職

財運を呼ぶ強靭な精神力とカリスマ性

水星人は、家庭運、結婚運に乏しいという宿命を背負っている代わりに、ほかの面では相当な強運に恵まれています。

その最たるものが財運です。

幼いころから母子家庭や父子家庭、あるいは天涯孤独に育っていても、不思議とお金に困るという経験はしません。

金銭面だけみれば、笑いが止まらない人生といえるでしょう。

財運を活かす職業として筆頭にあげたいのは、不動産関係の仕事です。

”ひと山当てる”という表現がぴったりくるほどの大儲けをする可能性があります。

また、歌手や俳優、スポーツ選手といった人気稼業と呼ばれる職業にも向いています。

そういった世界は、外から見れば華やかですが、じつはとても厳しい職業なのです。

浮き沈みの激しい世界で人気を維持していくためには、悲壮ともいえるほどの孤独感に耐えながら、自分の目標に向かってすすんでいくだけの強固な意志と、強烈な個性が必要とされます。

水星人は、自分の才覚を発揮していくのに必要な強靭な精神力とカリスマ性を生まれつき備えていますから、大衆の人気を得て、スターになれる可能性が高いのです。

その証拠に、世にビッグスターといわれる芸能人の多くが、この水星人といっても過言ではありません。

そうした意味で、男性の場合、俳優、ミュージシャン、インテリアデザイナー、カメラマン、イラストレーター、フリーライター、コピーライター、広告関係、アパレル関連、金融業といった仕事が向いています。 また女性は、芸能関係のほか、ファッションモデル、コーディネーター、ヘアーデザイナー、各種インストラクター、ブティックや美容院の経営など、女性としての魅力を十分に活かせる仕事が適しています。

しかし、水星人の並はずれた強い財運は、人間的愛情の欠落という大きな犠牲のうえに成り立っています。

逆にいえば、お金のためなら何でも犠牲にできるという考えを持てるからこそ得られるのです。

しかし、”金は天下の回り物”という言葉があるように、お金は自分ひとりのところに留まるものではありません。

相手がいてはじめて、商売も事業も成り立つのです。

そうしたことをよく理解せずに、いわゆる”守銭奴”になりがちなのが、水星人の大きな欠点であることを忘れないようにしてください。

関連記事

水星人共通

・水星人の性格、恋愛についてはこちら

・水星人の結婚、適職についてはこちら

<水星人プラス>

・水星人プラス2020年の日運と大殺界早見表について

・水星人プラス2020年の運勢、金運、健康運について

・水星人プラス2020年の恋愛、結婚、人間関係について

・水星人プラス2020年の仕事、転職、旅行について

<水星人マイナス>

・水星人マイナス2020年の日運と大殺界早見表について

・水星人マイナス2020年の運勢、金運、健康運について

・水星人マイナス2020年の恋愛、結婚、人間関係について

・水星人マイナス2020年の仕事、転職、旅行について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です