火星人の結婚や適職

 六星占術の人つ火星人。

このページでは、火星人プラス、火星人マイナス共通の結婚観や仕事を選ぶ際の適職についてご紹介します。

あなたの人生の指標の一つとして役立ててくださいね。

火星人の結婚観

好運気での結婚が幸せへの絶対条件

火星人の家庭運は、おしなべて良好です。

とくに好運気の年に結婚することができれば、生涯にわたって幸せがもたらされるでしょう。

というのも、火星人はもともと六星人の中でも、家庭そのものが幸せの根拠地となる星だからです。

運気のいい時期に結婚し、家庭を築くことができれば、それだけで幸せの要因をつかんだといえるでしょう。

反対に、”殺界”の期間中に結婚すると、かならずといっていいほど火星人の家庭は崩壊してしまいます。

”殺界”の運気が家庭生活に大きな影響を与え、家庭不和や経済苦を招いてしまうからです。

また、好運気のときに結婚しても、”殺界”に入った途端に夫婦ゲンカをしたり、子どもが非行に走ったりするなど、さまざまなトラブルが続出するのは避けられません。

火星人プラスの人は、子どもを産み育てることが人生の目標となりますから、どんな状況になっても温かい家庭を保つための努力を惜しみません。

男女ともに家庭を大事にする、よき父親や母親になるでしょう。

しかし、火星人マイナスの人は、なかなか子どもを授からない場合が多いようです。

たとえ子どもが生まれても、病気や事故などで早世してしまったり、家庭の事情で養子に出さざるを得ないなど、子どもとの縁は薄いといっていいでしょう。

また、”来るものは拒まず、去るものは追わず”といった冷めた面もあるため、とくに女性の場合は、なかなか結婚までこぎつけることができません。

恋愛はたくさんしても、かならず何か障害があらわれて、結婚までたどりつくことができないからです。

たとえば、家柄やおたがいの人生観があまりにも違いすぎて二の足を踏んだり、相手が優柔不断で具体的なことが何も決められなかったり、相手の職業が定まっていなかったりと、ありとあらゆる問題が、結婚という話が出ると同時に、嵐のように襲いかかってきます。

また、適齢期だというのに、妻子ある男性と不倫の関係になったり、入院生活を送っていたりといった人もいることでしょう。

火星人マイナスの人の場合は、むしろ結婚にこだわらず、それを逆手にとって、独身生活を謳歌したほうがいいかもしれません。 仕事に生きるのもよし、気が向いたら同棲してみるのもよしといった、”何となくシングル”という生活を楽しむのもいいかもしれません。

火星人の適職

プロ意識が強く、努力を惜しまない

火星人は、何をするにもマイペース。

人に左右されない分、自分のやる気が成績に大きく影響します。

ですから、あなたの場合は、その仕事が好きか嫌いかで将来が大きく左右されるといっても過言ではありません。

したがって、火星人はお金のためにはたらくのではなく、生きがいの持てる仕事に就き、プライドをつらぬくことによって、仕事運が向上していくのです。

自分の好きな仕事であれば、どんなに辛い試練も耐え、努力も惜しみませんから、プロ意識もひじょうに強く、自分の専門分野については徹底的に究めようとし ます。

また、目標を達成するためには、睡眠時間が減ろうと、食事をする暇がなかろうとおかまいなし。

けっして途中であきらめたり、投げ出したりはしません。

強い意志と粘り強さで最後までやり抜きます。

しかも、それが自分の天職だと思ったら、さらに努力して能力を十二分に 発揮しようとしますから、結果は上々。

火星人が大志を抱けば、この世にできないことはない、というところまでいきます。

そんなときには横から何をいっても、聞き入れることはないでしょう。実業家でいえば、典型的なワンマン・オーナーといった感じになります。

しかし、他人から見れば、考えていることがよくわからないため、ひじょうにとっつきにくいという印象を与えてしまいがちです。

一緒に仕事をしたくないタイプにあげられる人の多くが、火星人といってもいいかもしれません。

感受性の鋭い火星人には、芸術関係の仕事が適しています。

ミュージシャン、舞踏家、陶芸家、画家、イラストレーター、漫画家、スタイリストなど、繊細な感覚で自分の個性を表現するような仕事がいいでしょう。

書道家、華道家、茶道家としても、その道を究めることができます。

また、火星は「水守の星」と呼ばれているように、”水”に関係する職業に就くと成功する可能性があります。

たとえば、海運業、造船業、治水土木工事関連業や、文字どおりの”水商売”も適職です。

バーやスナック、レストラン、喫茶店の経営にも向いています。

ほかの店と同じやり方をしても、自然となじみ客がついて繁盛するでしょう。

ただし女性の場合は、結婚したら家庭に入ったほうが幸せになるということを忘れないでください。 甘い誘惑の多い水商売では、身を滅ぼしかねません。

関連記事

・火星人の性格、恋愛についてはこちら

・火星人の結婚、適職についてはこちら

・火星人プラス2020年の日運と大殺界早見表についてはこちら

・火星人プラス2020年の運勢、金運、健康運についてはこちら

・火星人プラス2020年の恋愛、結婚、人間関係についてはこちら

・火星人プラス2020年の仕事、転職、旅行についてはこちら

・火星人マイナス2020年の日運と大殺界早見表について

・火星人マイナス2020年の運勢、金運、健康運について

・火星人マイナス2020年の恋愛、結婚、人間関係について

・火星人マイナス2020年の仕事、転職、旅行について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です